General Church Tokyo

新教会の教え

  • HOME »
  • 新教会の教え

人類の創造者であられ、救い主であられる、唯一の神がいます。このお方は、主イエス・キリストです。

主は人間に、善悪を見分ける能力と善悪を選択する自由を与えられました。人間は、この能力と自由により、動物から区別されます。

だれでも身体の死後、そのまま完全な個人としての生活を続けます。この世で生活する間に、善と悪のどちらを選んだかによって、天界か地獄へ行きます。

「十戒」に従い、悪を罪として避け、職責を果たし、隣人のために尽くすとき、私たちは、主のみこころを行ない、主への愛を表わします。

隣人を愛するとは、家族、社会、国、そして教会に、善い働きをなそうと努めることです。

結婚は、一人の男と一人の女の間で、主の御前になされる聖なる契約です。真の結婚は、この世で誠実に保たれ、天界で永遠に続くものです。

主はご自分を、みことばの中で私たちに明らかにされました。最初に旧約聖書、次に新約聖書の中で、そして現在はエマヌエル・スヴェーデンボリの「神学著作」の中で明らかにされました。

この「著作」は、今日の人々にあまねくあてはまる、みことばの中の霊的な意味を明らかにしています。

主は、みことばを、人々が主を知り、主を愛し、そして天界へ導かれる生活を送るようにと与えられました。人々がこのように応じるなら、主は、とこしえのあらゆる幸福をもって、その人々を祝福されます。

Copyright © ジェネラルチャーチ東京 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.